スーパーマリオカート ~マリオのキャラクターとレース! Switchでも勝負~

SuperMarioKart 1990年代
  • いいところ
    大人気シリーズの始まり。
    シンプルなレースゲーム。
機種スーパーファミコン
メーカー任天堂
発売日1992年(平成4年)8月27日
後に続いた機種Wii WiiU New3DS Switchなど

現在も続いているマリオカートシリーズの1作目。まずはスーパーファミコンです。

マリオたちがカートで勝負。マリオはパズルやゴルフもここまでにやってきたので、カートくらい普通かもしれません。そもそもディスクシステムのファミコングランプリF1レースもマリオ関係です。
ドライバーはマリオ・ルイージ・クッパなどマリオシリーズにいつも出てくるキャラばかり(違うのもいます)。プレイヤーは自分の好きなキャラを選ぶもよし、性能で選ぶもよし。

遊び方もいろいろ。AIが操作するキャラと対戦することも、1コントローラーと2コントローラーで他のプレイヤーと対戦することもできます。タイムアタックもあります。風船を割り合うバトルゲームというものもあります。

昔のゲームなので、「インターネットで更新データ配信!」「アップデートで新キャラ追加!」なんてことはありません。最初から最後までずっと同じメンバーです。僕はヨッシーばかり使っていました。マリオキャラの中ではかなり好きな方なので。

マリオカートGP(AIとの対戦)だと、いずれかのキャラがライバルとして強い状態になります。誰がライバルかはプレイヤーが誰をドライバーとして選んだかで決まります。
プレイヤーは?のマスを踏まないとアイテムを使えませんが、AIが操作するキャラは無制限に何度でも使ってきます。

マリオ

バランスタイプ。自分のキャラとして選んだときのライバルはドンキー。クッパじゃないのか……
AI操作キャラのときのアイテムはスター。よく光っているのはそのせいです。

ルイージ

バランスタイプ。自分のキャラとして選んだときのライバルはヨッシー。緑キャラ同士で2番手争い?
AI操作キャラのときのアイテムはこっちもスター。

ピーチ姫

加速タイプ。小回りを利かせるのは苦手です。自分のキャラとして選んだときのライバルはクッパ。あんた、そっちを狙っていく作戦か……重さに差があるのでピーチ姫は押し負けてしまいます。
AI操作キャラのときのアイテムは毒キノコ。キノコ王国のお偉いさんとして、それでいいんですかい?

ヨッシー

加速タイプ。こっちもコーナリングが苦手です。自分のキャラとして選んだときのライバルはノコノコ。手強い印象があまりないです。
AI操作キャラのときのアイテムはタマゴ。僕はいつも自分でヨッシーを選んでいたので、使われた覚えがないです。

キノピオ

イメージどおりの軽量タイプ。小回りが利き、僕のようなうまくできないタイプでも操作しやすいです。自分のキャラとして選んだときのライバルはピーチ姫。どうしてわざわざ部下を狙ってくるのか。忖度しないタイプなのか……しかし自分はアレなキノコ使う……部下に厳しく自分に寛容ということで、ピーチ姫やばい政治家説爆誕。
AI操作キャラのときのアイテムはピーチ姫と同じで毒キノコ。しかし活躍しているところは見た覚えがないです。

クッパ

重量タイプ。トップスピードが高く、ぶつかり合いに強いです。自分のキャラとして選んだときのライバルはマリオ。それはそうだろうなという感じ。
AI操作キャラのときのアイテムは炎。クッパならそうだろうなという感じで、ライバルのときと言い解釈一致です。

ノコノコ

軽量タイプ。小回りが利いて操作しやすいですが、普段の雑魚キャラと思うと使う気になりませんでした。自分のキャラとして選んだときのライバルはルイージ。こっちも緑対決?
AI操作キャラのときのアイテムは緑の甲羅。自分の?

ドンキーコングJr.

ドンキーというキャラクターは複数いますが、このドンキーはドンキーコングJR.の主人公。
重量タイプ。自分のキャラとして選んだときのライバルはキノピオ。両者にどんな因縁が……?
AI操作キャラのときのアイテムはバナナ。そこはドンキーならぴったり。

うまい方はクッパかドンキーを使うそうです。操作が難しくてもスピードを出せるので。

誰を自分のキャラにしたかで順位はかなり固定されます。上でライバルが何だかんだと言っているのもそういうシステムになっているからです。
キノピオやノコノコはよく下の順位だなと思っていましたが、そうなりやすいように設定されているそうです。そんなことになっていたとは。

基本は50CCと100CC。100CCをクリアすると150CCが出てきます。
僕は50がノーマルで100がハード、150はもっとハード……そういう選択だと思っていました。
しかし、他の方々と話して気づきました。50CCがイージーで100CCがノーマルモード、150CCがハードモードだったと……

いろいろなコースがあり、「××カップではあれとこれが出る」というふうに固定されています。

マリオサーキット

普通のコースなので普通に走れます。
ライバルたちも普通に走ってくるので、かえって難しい気も……

ドーナツ平野

カーブ多め。ドリフトができない僕にはきついです。水ポチャもよくやるので、ジュゲムにあきれられていそうです。
うまい方はショートカットをバンバン決めていきます。

おばけぬまコース

どんどんコースアウト。ジュゲムに以下同文。
なお、僕は羽根でジャンプしてショートカットしようとすると斜め前に飛んでいって落っこちます。

クッパ城コース

ドッスン登場。AIが操作するキャラはすり抜けられるとか。ずるいぞ!
僕は普通にぶつかります。「正面衝突→停止から再スタート→ドッスンが落ちてきてつぶされる」となると変な笑いが出ます。
ドッスンにやられるより溶岩行きになる方が多いような。

チョコレーとうコース

オフロード多め。しかし減速することになるのでむしろ楽じゃないかという気もします。

ノコノコビーチ

浅瀬で減速させられるのはまだマシ。僕はよく海にダイブしてしまいます。
そういえば、どうして浜辺でノコノコなんですかね。ノコノコは亀でもみずタイプじゃなさそうです。

バニラレイクコース

凍ったコース。ものすごく滑って、そのまま氷の割れ目にドボン。寒そう……

レインボーロード

無理! 以上!
ここ、壁がないので落ちてくれと言っているようなものです。クッパさん、ジュゲムは仕事が増えるのでお給料を上げてやってください。

何ですかこのレビューは。苦手なんですか。

買ってきたのは自分なのにね……

僕は壁にぶつかったり水に落ちたりしながら進みますが、うまい方々はすごくスイスイ進みます。
発売当時は「PCで動画撮影!」なんてありませんでしたが、自分の走りを撮影してゲーム雑誌に送ったりしていました。

NintendoSwitchOnlineに加入すれば、昔懐かしいスーパーマリオカートで遊ぶことができます。
他のゲームと同じくいつでもセーブ・ロードできるし巻き戻し機能まであるので、どんどんやり直しできます。
しかし、僕はこのゲームだとセーブ・ロードや巻き戻しをしたい気になりません。上手じゃないなりに勝つのも負けるのも楽しんでいるのかもしれません。

僕はどうにかゴールするだけで精一杯。
しかしマリオカートは多くの方々に好かれ、いろいろなハードで新作を作られてきました。
マリオカートがあるハードを見てみると、スーファミに始まって、64、ゲームボーイアドバンス、ゲームキューブ、DS、Wii、3DS、WiiU&Switch……これは、出ていないハードの方が少ないのでは。
スマートフォン版まで出ました。ラジコンやアーケード版もあります。

この記事を書いている時点で最新機種のSwitchではマリオカート8DXが出ています。キャラクターがすごく増えていて、どうぶつの森の村人やしずえさん、スプラトゥーンのインクリング(イカ)、ゼルダの伝説のリンクまでいます。マリオカートじゃなくてニンテンドーカートになりつつあるのでは……
もちろんマリオシリーズのキャラも増えています。ワリオ、ロゼッタ、デイジーなどなど。いつも助けてくれていたジュゲムもドライバーとして参加。
ニンテンドーカタログチケットが使えるソフトでもあります。発売されてからかなりたっているのにファミ通のランキングに出てくるくらいなので、人気はかなりあります。

こんな調子なので、次の任天堂ハードが出たときはマリオカートもまた登場するんだと思います。

本作はスーパーファミコンで最も売れたゲームでもあるそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました