世界樹の迷宮IIIのおすすめパーティー編成方法

SQ3-Party 2010年代
記事内に広告が含まれています。

先日、このブログでは世界樹の迷宮3のオススメサブクラスについて書きました。
今回はオススメしたいパーティー編成方法についてまとめます。

この記事は、世界樹に慣れている方よりもHDリマスターで初めて遊ぶ方の役に立つと思います。SwitchやSteamなどの世界樹の迷宮HDリマスターじゃないとできないことが含まれています。
なお、HDリマスターの世界樹の迷宮1や世界樹の迷宮2にも応用できます。

スポンサーリンク

まず最初にやってほしいのは、世界樹3のソフトを起動させてキャラクターたちの絵を見比べることです。

公式サイトのクラス紹介でもいいです。ただしアトラスの方々は時間がたつとサイトを簡略化させるので、いつかキャラ絵を見られなくなります。例えば世界樹4のサイトはこの記事を書いている時点だとシンプルなものしか見られませんが、発売当時はキャラ絵が掲載されていました。

キャラ絵の確認方法
  1. 冒険者ギルドに行く。
  2. 冒険者の登録を選ぶ。
  3. どのクラスでもいいので選択。
  4. キャラ絵を確認。
    Switchならずっと右へ右へ移動するとアナザーカラー、Yボタンで他のクラス、XボタンでDLCも見られる。

HDリマスターなら他のクラスのキャラ絵を使うこともできます。ファーマー姿のプリンスなんかもOKです。だから他のクラスのキャラ絵を見ることも可能。
※アナザーカラーは世界樹1・2にはありません。
※ショーグンとアンドロはクラスを解放していないと選べません。絵を見ることもできません。

そうやって全員を見たら、自分の好みのキャラ絵を5つ以上選んでください
同じクラスから2キャラ選んでもいいです。とは言え、前衛っぽいキャラと後衛っぽいキャラを均等に選んでおくと後で話を進めやすくなります。

メモ取り

どのキャラを選んだかは、メモしておくか覚えておくかしてください。

慣れてきたら盾役なしとか回復役なしでも大丈夫ですが、最初はいた方がいいです。
つまりファランクスモンクは必要。他のクラスに盾役や回復役をさせることもできますが、サブクラスでモンクを持たせるなどの応用が必要になります。

攻撃役がいないと敵に勝てません。物理アタッカーを入れるか属性アタッカーを入れるか、それとも1人ずつ入れるか……物理と属性を1人ずつ入れると動きやすいです。
最初は物理アタッカーとしてウォリアー、属性アタッカーとしてゾディアックを使うのがいいです。

最後は援護役。仲間を強化したり敵を弱らせたりする人です。最初はプリンス・プリンセスの号令が使いやすいかと。

これでパーティーが完成しました。

  • 前衛:ファランクス ウォリアー プリンス・プリンセス
  • 後衛:モンク ゾディアック

ファランクスは後衛でもいいです。
モンクは状況次第で前衛に出られます(ファランクスと交代)。
プリンス・プリンセスは前衛ですが、ロイヤルベールを活用するために後衛とするのもありです。
ウォリアーをパイレーツと入れ替える手もあります。
ゾディアックをバリスタと入れ替える手もあります。

気に入ったキャラ絵と使いやすいクラスがそろったら、これらを組み合わせてください。
「ファランクスのキャラを気に入った。こいつはファランクスにしないと……」なんて考える必要はありません。別のでもいいです。

組み合わせ

ファランクスウォリアーパイレーツ辺りのキャラは他の前衛クラスにしても不自然になりにくそうです。
プリンス・プリンセスは前衛ですが、魔法使いの杖を持った姿にも見えます。そう考えればゾディアックもいけるのでは。
ビーストキングは辺境の地から来たシャーマンや呪術師っぽく見えるかも……つまりそういう技術で回復させるモンクということにしてもいいのでは。
ファーマーは武器を持った前衛に見えるでしょうか。後衛とも思えるでしょうか。5キャラ目のばあちゃんは強者感があるので前衛にしてもいいかも……
モンクは……冷静に考えると薄着の一般人っぽいんじゃ……「絵では武器を持っていないけど戦うときはどこかから取り出す」と考えれば汎用性があるでしょうか。
ゾディアックバリスタシノビは魔法使い、射手、忍者にしか見えないでしょうか。これはどのキャラでも言えることですが、「王子様・王女様がそういう格好をしているだけ」と考えればプリンス・プリンセスにしてもいいかもしれません。
最初いないショーグンは、ファランクスたちと同じく他の前衛クラスにしてもよさそうです。
同じく最初いないアンドロは1番簡単。「盾役の機能を持っている」「回復ビームを出せる」などと考えれば何でもできます。
(世界樹2のペットも「攻撃するように訓練済み」「探索役として訓練された」と考えればいろいろなクラスにさせられます)

こういうやり方をオススメするのは、冒険の中で感情移入しやすくするためです。

「あのキャラを使いたかったけどあのキャラのクラスは使いにくいらしいから選べなかった……」
「あのクラスには好みのキャラ絵がないけど選ばないと……」

とか思っていたらゲームを楽しめません。

「ファランクス、ウォリアー、プリンス・プリンセス、モンク、ゾディアック」を選んだものとして、キャラ絵と組み合わせてみます。

僕の好みなんぞ書いても楽しんでもらえることはないと思うので、使うキャラ絵のクラスをあみだくじで選択(最初から選べる10クラスのみ)。その中のどれにするかはサイコロで決定。

  • バリスタ5(追加された兄ちゃん)
  • モンク1(ツインテールの子)
  • ファーマー3(赤帽子の兄ちゃん)
  • ビーストキング5(追加された子)
  • ゾディアック4(紫の兄ちゃん)

バリスタがきつい……誰一人として前衛っぽくないのはどうしたらいいのか……
難しいところはイマジネーションでカバーするべき。この5人が僕のお気に入りというテイで組み合わせてみます。

  • バリスタ5(追加された兄ちゃん)→プリンス
    弓使いにあこがれて出奔してきた王子。模造品を持っているだけで、実際に使うのは王子としてのカリスマ性(号令スキルなど)。
  • モンク1(ツインテールの子)→ファランクス
    普段は薄着だが戦闘中は重装備。
    または、装備品を買うと使っているイメージを持てる。実は何も装着しておらず、ダイの大冒険のヒュンケル(マキシマム戦)みたいに耐えたり素手で突いたりしている。
  • ファーマー3(赤帽子の兄ちゃん)→ウォリアー
    村を出て冒険者生活している少年。普段は優しげだが、戦闘中は常在戦場や狂戦士の誓いのせいですごく鬼気迫った表情。ギャップキャラ。
  • ビーストキング5(追加された子)→ゾディアック
    部族に伝わる力で星術のような技を使う。隕石まで呼ぶとか、どんな部族なのか。
  • ゾディアック4(紫の兄ちゃん)→モンク
    無口だけど回復してくれる。多分、闇神官的な何か。壊炎拳などの拳スキルは使わない方向で。

※あみだくじで出た順に書いていますが、モンクをパーティーの最後にするのはやめた方がいいです。戦闘中の行動を決めるとき、間違えたら困る人を最後にしてしまうとやり直しできなくて困ることがあるので。

どうして王子様が妄想ヒュンケルもどきや闇神官と行動を共にしているんだろう……

きっと王子様が1人で無鉄砲に旅立ってウォリアーに拾われ、変なのと会うたびにウォリアーが「こんな人とは関わるべきじゃありません」「早く始末しましょう」と言うけどそのたびに王子様が「面白いやつだ。俺の子分にする!」とか返して仲間を増やしていった感じ。

こんな感じで、自分が気に入ったキャラを使うのがいいです。
ウィザードリィ的なゲームはいろいろありますが、世界樹の迷宮シリーズの特色はマッピングが楽しいことと日向悠二さんのキャラ絵。こういう方法を使えばキャラ絵を最大限に楽しめるはずです。

この記事、元は「12クラスをまんべんなく使って3ルート分のパーティーを考える」みたいな内容でした。
それでもよかったのかもしれませんが、よそ様の劣化コピーにしかなっていないうような気がしました。それに、なかなかまとまりませんでした。

そこで、プレイヤーそれぞれの好みや脳内設定をうまく反映させるためのパーティー編成の記事にしました。
皆さんもパーティー作りにご自分の好みをガッツリ使ってみてください。楽しさが上がります。

よろしければ読んでみてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました